So-net無料ブログ作成

加藤茶の嫁の実家の会社名は・・・ [芸能]


加藤茶の嫁の実家が金持ちらしい?





今からおよそ2年前



突然の再婚を発表して、世間を騒然とさせたお笑いタレント・加藤茶




なんせ、発表当時の加藤茶さんの年齢は68歳


68歳で再婚というのも、なかなかのものなのだが、それだけではなかった




なんと、再婚相手の女性の年齢が



23歳




そう



68歳のほぼ爺と、23歳のうら若き女性が、結婚する、というのだ!





その年齢差 45!!




そら、誰だって驚くでしょう?

ねぇ。








で、その再婚相手の嫁



綾菜さん



若いだけでない。



美人のだ!



ほらっ!!




kato.jpg






まあ、当然と言えば当然なのだが・・・




加藤茶さんと綾菜さんの再婚が発表されてからは



どうせ金目当てなんでしょ?



と、ささやかれた


つーか、大声で非難されていた綾菜さん




そうではないと、本人たちは否定していたが、


そうはいっても、なんといっても45歳の年の差


それ以外に何があるの?って思ってしまう。










しかし、だ。



最近になって、そうじゃないんじゃないの?という声も聞かれるようになった。



綾菜さんは、本当に加藤茶さんを愛しているんじゃないか?と







実は、綾菜さんの実家



〝お金持ち〟らしい



綾菜さんの父親が会社を経営しているのだ。






会社名はわかっていないようなのだが、

それなりの規模の機械製造会社を経営しているという。





もしこの噂が本当なのだとしたら、


綾菜さんはお金持ちの娘


つまり、お金には何ら不自由していない。




だとしたら、〝お金目当て〟で加藤茶さんと結婚する理由はない、ということになる。









ん~


だったら、綾菜さん


カトちゃんのどこが良かったんでしょうね?






スポンサーリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

山本太郎 円形脱毛症の原因は離婚だった!! [ニュース]

脱原発を訴え続け、参議院議員選挙に当選したタレントの山本太郎さん。



円形脱毛症の頭を隠そうともせず、懸命に選挙運動に汗する姿が印象的だった。




で、その山本太郎さんの大きすぎる円形脱毛症。


てっきり、選挙活動によるストレスが原因と思われていたが・・・・・










今日 8月6日


衝撃の事実が明らかとなった。






なんと、山本太郎さん。


昨年5月に、18歳年下の美人プロサーファーの割鞘朱璃(わりさやじゅり)さんと結婚したばかりだったのに


すでに、この二人は離婚していたのだ!




しかも、離婚したのが昨年2012年の8月24日


結婚したのが2012年の5月25日だったので、

山本太郎さんと割鞘朱璃さんの結婚期間は、たったの92日間だったことになる。



なんというスピード離婚!!






山本太郎さんと割鞘朱璃さんの離婚をすっぱ抜いたのは東スポ。


東スポの離婚報道を受けて山本太郎さんは


「隠せる限りは隠したかった」とコメントしたという。



その理由は、嫁であった割鞘朱璃さんの複雑な家庭環境に配慮してのことだと推測されている。





以前から、割鞘朱璃さんの実家と山本太郎さんとの確執が噂されていたが・・・


まさか離婚していたとは。





山本太郎さんの円形脱毛症が治るのは、彼が新しい恋を見つけた時か?






スポンサーリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

古畑正仁・無免許教師が逮捕! [ニュース]

とんでもない中学校教師がいた。




古畑正仁 53歳




この男


過去に児童買春禁止法違反などの犯罪で教員免許を失効しているにもかかわらず、

全国各地を転々として、無効となった教員免許証を利用し、教員として勤務していたという。


まったくふてぶてしい男だ。





ところで、免許を失った教師がどうして採用されるのか?


普通に考えてあり得ないような話にも思えるが・・・・・





だが、結構簡単なことらしい。


古畑正仁容疑者の手口はこうだ。





まず、犯罪を犯して教員免許を剥奪される。


その後、古畑正仁の元に、所持している教員免許証の返還を求める通知が来る。



だが、古畑正仁



「免許証はなくした」



と、ウソをいって返還を拒む。



そして、無効となった免許証を持って、別の地方に移転。


そして、その地域の学校に免許証を提出し、採用される。



こういったことを繰り返し、全国を転々とする「さすらいの無免許教師」となったのだ。





だが、古畑正仁のさすらいの教師人生も終焉を迎えた。



とうとう、昨日の8月1日。


古畑正仁は、無免許教師であることがばれて、教育職員免許法違反容疑で逮捕されたのだ。





それにしても、各自治体の管理体制。


あまりにもずさん過ぎるのでは?






スポンサーリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース