So-net無料ブログ作成

宮下昌己 クロマティ [スポーツ]

スポンサーリンク




ウォーレン・クロマティ



彼は、巨人の歴代の「助っ人」の中で、もっともファンの心に残っている選手ではないだろうか?








宮下昌己殴打事件



あれは1987年のことであった。


巨人入団4年目。

完全に巨人の中心選手になっていたウォーレン・クロマティ。


野球の実力だけではなく、派手なパフォーマンスと明るいキャラクターで、巨人ファンのみならず、日本の野球ファン全体から愛される存在であった。





そのクロマティが激怒した。


あいては中日の投手・宮下昌己。





決してわざとではなかったのだろう。




中日のマウンドに立つ宮下投手。


打席にはウォーレン・クロマティ。



宮下昌己の投げたストレートがクロマティの背中を直撃!



マウンド上の宮下を睨みつけるクロマティ。


動揺する様子もなく、仁王立ちする宮下。





クロマティは自身の帽子のつばに手を当てながらマウンドへ駆け寄る。



(帽子を取って謝れよ!)




しかし、クロマティの気持ちは伝わらなかった。




クロマティのギアがトップに入る。


次の瞬間、マウンドに登ったクロマティの右拳が宮下昌己の顔面を炸裂。

倒れ込む宮下

マウンド上になだれ込むように集まる両軍の選手。

人、人、人・・・・・・人の山だ。

もはや宮下昌己はどこにいるのかさえ分からない。





中日の星野仙一監督が怒っている。





彼はいつも怒っているのだが、やはりいつものように怒っている。


巨人の王監督が宥めようとしたのか?


その世界の王貞治に対してまで、目をむいて怒りを表す星野仙一。


王の目の前で星野が拳を挙げる。



王を殴るのか?



完全にキレまくっている星野。


やはり、宮下昌己の姿は見えない。


もはや、宮下昌己のことなど誰も気にしていない。



とにかく今は星野を止めなければならない。




クロマティがいた。


グラウンド周りにできた人の輪からはずれたところで桑田真澄に背中から抱きつかれ、暴行を振るうことを止められている。


輪の中心では相変わらず星野が怒っている。







ん~


なんとも懐かしい。



最近のプロ野球では、こういった派手な乱闘シーンが、すっかり影を潜めている。


野球少年が見ていることを思えば、良い傾向なのかもしれないが、オールド野球ファンとしては、ちょっと寂しい気もする。





普段のクロマティは陽気な男だ。


ファンにもチームメートにも優しい。



バンドが趣味で、シーズンオフにはクロマティバンド(?)なるバンドで様気にドラムを叩いている姿をテレビで見せてくれた。


王監督をこよなく愛し、自分の息子のミドルネームを〝オー〟と名付けたクロマティ




いつも大リーグに帰ると言っていたクロマティ。


しかし、クロマティほど巨人を愛していた助っ人はいないのではないか?





ウォーレン・クロマティ


彼ほど日本の野球ファンの心に残っている助っ人はいない。


⇒【店舗限定】特典ありエルセーヌ「エステ体験」




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました